Javascriptを有効にして
もう一度アクセスして下さい。

ご挨拶

参加の御礼

改めましてフリゲオンリー「Try&Re:save Ver3.0」にご参加頂きましてありがとうございました。
朝から主催・運営がバタバタしておりTwitterで状況を発信することができず、またサークル入場開始時間がずれ込んだことをアナウンスすることもできず大変申し訳ございませんでした。サークルの皆様には深くお詫び致します。

当日は気温が低く大変寒い中、600人超の方にご参加頂きました。会場が前回と比べ3倍の広さになり、当イベント最大の動員数にはなりましたが、入れ替えや入場制限を行うことなくスムーズにご参加頂けたことかと思います。国内外では新型ウイルスやインフルエンザが猛威を振るっておりますが、現在感染報告もなく大きな事故などもなく無事に閉幕することができました。

前回開催の3年前からご参加頂いた作品もまたガラッと変わり、ゆめにっき・Ibなど根強い人気を誇る作品はそのままに、2018年に公開されたばかりの「細胞神曲」が上位を台頭し主催も予想外の作品割合となりました。細胞神曲はトラリセ3をやるぞ!と言い始めたときに初めて知った作品でした。他にもノンスント博物園や四月馬鹿達の宴もこの機会に知ることが出来ました。トラリセに参加する全てのフリゲ作品をプレイできなかったのが心残りですが、こういったフリゲ作品を知れることも主催の醍醐味として毎回楽しませて頂いております。

イベント開催するにあたって毎回申上げることですが、下名がこの日にトラリセ!と決めた日に向かって、皆さんが新刊を執筆したり衣装を拵えたりイベント遠征の準備をしたり…本当にバイタリティ溢れていてすごいなぁと思います。ましてや企業のメジャーな作品の二次創作ではなく、個人が思いのまま作ったゲーム作品が、また個人によって二次創作されるというエネルギーが、更にこのイベントの盛り上がりに加勢しているのだと実感します。最近では企業によるプロモーションも多くなってきてフリゲに対する間口も広がっていますが、個人制作=フリーゲームのスタンスも徐々に移り変わっていくのかなぁと思うと、フリーゲーム全盛期を生きた古のオタクとしては少し物悲しいものがありますね。だからこそ、手前口上で恐縮ですが、トラリセのイベントの空気は懐かしいような、参加者の皆さんの一体感を感じられるような雰囲気がとても好きです。「トラリセに参加して良かった」というお言葉を頂く度にイベントやってよかったなぁと主催冥利につきます。

最後になりましたが、スタッフの皆様、ご支援頂いた方、ご参加頂きました皆様に厚くお礼申し上げます。フリゲオンリー実行委員会発足より約5年、一人で主催をしているとは言うものの、周りの沢山の方々に支えられてこそ当イベントは3回目まで開催することができました。本当にありがとうございました!

フリゲオンリー実行委員会 ヒナコ

企画について

当日企画の中でもとりわけ「フリゲオンリーからの脱出」へ、たくさんの方にご参加頂きました。誠にありがとうございます。難易度高めと告知しておりましたが、ゲームクリアをされた方は全体の6%ほどと、脱出ゲームの中でも平均的な脱出成功率となりました。下名がよく参加しているSC●APの脱出ゲームを参考に、制作・監修は全て主催一人で行い(スタッフに監修してもらう時間がなかったとも言いますが)、企業プロデュースの脱出ゲームと肩を並べるのでは!?と自負しております。お楽しみいただけましたら幸いです。
ネタ晴らしをイベント内のどこかで解説させて頂こうかと思ったのですがうまく調整できなかったので、後日この告知サイトにて解説させて頂ければと思います。公開まで今しばらくお待ちください。

また脱出ゲームだけではなくサークル参加の14名の方にご執筆頂いた豪華ポストカードセットも、お手に取って頂いた方に大変好評でした。「このフリゲ作品知らないけどプレイしてみようかな」という声もあり、これぞフリゲオンリー!という醍醐味を実感致しました。ご執筆頂きました皆様には改めて御礼申し上げます。そして是非皆さん、たくさんのフリーゲームをプレイしてみてください!

なお記念ポストカードセットや企画に使用したトラリセコインなどの記念グッズは一部通販にて取り扱いをさせて頂きますので、下記「通販のご案内」をチェックしてみてください。

今後について

パンフレットの後記にも記載させて頂きましたが、トラリセは今回の開催をラストとさせて頂きます。(次はないぞという気持ちで毎回やっておりましたが) そもそも1回のみで終わる予定だったものをまさか3回も開催することになるなんて…という驚きの方が大きいです。
理由としましては、参加者母数の増加による精神的負担が大きいことです。一般的な企業のイベントとは違い融通が利かないと思われることもあったかと存じますが、個人主催のイベントは皆様の協力を得なければ成しえないものです。また個人・企業関係なく「お客様」は一人もいらっしゃらないのが同人イベントの共通の認識です。今回だけではないのですが、告知サイトに一切目を通さず来場される方もいらっしゃいます。ルールは皆さんが守って当たり前だと思ってはいたのですが、「ちょっとぐらい」や「読まなくても大丈夫」と思っておられた方が少なからずいたことに、自身の采配至らなさを痛感することが多々ありました。
過半数の方はルールを守り積極的に協力して頂いているにも係らず、少数のそういった方々の為だけにやきもきし精神を疲弊しては今後満足にイベント主催を執ることができないと判断した結果となります。
1年前からイベントの準備を始め、100万円以上の資金を投資し、なお最後の開催でこのような残念な気持ちで締めくくりたくはなかったのですが、次回開催してもそれらを執り纏める力量が自身にはないと実感した次第です。次回開催を期待して頂いている皆様には不甲斐ない姿勢をお見せしてしまい申し訳ありませんが、ご理解頂けますと幸いです。

非常にネガティブなことばかりでご支援・ご協力賜りました皆様に対しては大変心苦しい記述となり、悩みましたが主催の率直な言葉として掲載させて頂きます。
しかしながらご支援・ご協力頂いた方々のおかげで第3回目まで開催できたのは紛れもない事実です。自身も貴重な体験をさせて頂き、大変感謝しております。こればかりは主催だけの力ではどうにもならないことです。
再三申し上げますが、「次があると思うな個人主催」です。個々人の事情もあるかとは存じますが、「今度は参加したい」「次あれば行きたい」はなんの糧にもなりません。参加したい・応援したいものがなくなってからでは遅いのです。ご存じない方はこれを機会に、個人主催は皆さんと同じように生活している人が私生活を切り崩しながらやっているものという背景を慮って頂けますと幸いです。

なお今後は「トラリセ」「フリゲオンリー」という形ではありませんが、1オタクとしてそれぞれの作品を応援していけたらと考えております。併せて、引き続き皆様のバイタリティー溢れる作品を楽しみにしております。また何かご縁がございましたら再度ご支援賜れますと幸いです。


通販のご案内

イベント記念品を下記サイトにて通販の取り扱いをしております。
手数料の関係上イベント頒布時と価格が異なりますのでご了承ください。

  • ポストカードセット
  • ポストカードセット
  • イベントパンフレット
  • ジェルボールペン
  • クリアファイル
  • アクリルストラップ
  • トラリセコイン
 全て「あんしんBOOTHパック」の匿名配送(送料370円)となります
 取扱期間:~2020年3月31日注文分まで